「家庭の役割」とは?「学校の役割」とは?「地域の役割」とは?
みんなで考えてみましょう。

悪いことは「悪い」としっかりしつけましょう。最初が大切!

「してはいけないこと」や「間違った行い」はしっかり正しましょう。
親自身が「自分さえよければ良いという考え方」をしないようにしましょう。
「ルールに“違反する”ことをしない。」といった当然のことを、自分の姿で示しましょう。
「善悪」の「区別」について、「しつけ」を幼少のころから行いましょう。
悪い「行い」があれば、すぐに正しましょう。
物心付かないうちは根気強く、言葉が理解できるようになれば、理由を「はっきり」言って叱ろう。日ごろの温かい愛情の「きずな」と「信頼関係」を大切にしましょう。
その場の「気分」や「感情」に流されず、たえず「一貫性」をもって叱りましょう。
叱った後は、しっかり愛情をもって抱きしめてあげましょう。

もう一度家庭を見直そう トップページへ